So-net無料ブログ作成
検索選択
放浪の旅♪ ブログトップ
前の10件 | -

蔵の街 [放浪の旅♪]

栃木県へ行ってきた。
あまり、写真は撮っていない。
友人に会いに行っていたので、おしゃべりが主…。

おそばのおいしいところに連れて行ってもらって、麺類の中ではおそばが最下位だったのに、
上位進出した♪

栃木市の蔵の街、歴史を感じさせる街。
蔵の街

蔵の街

まだ現役の病院
栃木病院

久々のマンホール!栃木市のん。
栃木市のマンホール

翌日、猪苗代湖まで行ったが、お天気が悪く、訪問したのは、西久保温泉と野口英世記念館のみ。
野口英世記念館

 * * * * * *  ☆ * * * * * *  ♪ * * * * * * ☆ * * * * * * ♪  * * * * * * ☆ * * * * * * 

道中の駒ケ岳SAだったかな?早朝。
駒ケ岳SAだったかなぁ?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【兵庫県】神子畑鋳鉄橋など [放浪の旅♪]

6月のとある日、近代化産業遺産を見に行った。
生野銀山からちょい北へ行ったところ。
播但連絡道路の朝来ICを降りて、国道429号線を西へ、神子畑。
ガソリンがなく、朝来ICを降りたら入れようと思ってたのに、
忘れちゃってて、目的地へ行ってガソリンを入れに朝来に戻ってきたら
暗くなってきたので、神子畑選鉱所跡近辺しか行かなかった…。残念!
だいたいが、昼から出たらこういうときに困るね。あまり方々へ行けない…。

お天気も悪くだぁ~れもいなくて…ちょっと怖い[たらーっ(汗)]
神子畑選鉱所跡
神子畑選鉱所跡写真では小さそうに見えるが、道路際にあってど~んとでっかい!

選鉱所模型
選鉱所の模型:上の写真の選鉱所の模型

ムーセ旧宅 ムーセ旧宅
ムーセ旧宅:生野銀山で外国人宿舎だったものを神子畑の開発とともに移設されたらしい

神子畑鋳鉄橋 神子畑鋳鉄橋
神子畑鋳鉄橋:神子畑選鉱所から生野の精錬所まで道路を作ったときに掛けられた橋

明治時代ってあちこちに活気ある風景があったんだろうなぁ。
こんなに大きな選鉱所があるなんて!
鉱石を運ぶための道路や人やとさぞかし賑わっていたことだろう。
近代化産業遺産って、なんだか昔の人々の生きざまがずっと続いているようで、
そして、それが現在へ、未来へとつながってるような気がするところが好きなんだ[るんるん]
ロマンだなぁ。
昔の人々がそこで暮らし、仕事をし、それが身近な懐かしい感じがして、
そっと寄り添いたい感が生まれてくる。

そんなロマンあふれるところへの道中、高速のSAから見たのどかな風景。
のどかな風景


朝来市神子畑


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

兵庫県「沼島」へプチ旅行♪ [放浪の旅♪]

先日、骨折中♪なのにプチ旅行をしてきた。
話の流れでつい。

グチ友達と晩の9時半から夕ご飯を一緒にした。
どこかへ行きたいね♪
金曜日だし、このまま行ったら土曜日に掛かるし、
高速1,000円だ!
明石海峡大橋を渡ろう!
ってことになり、淡路SAで寝ながら、どこ行くか考えよ~♪

少々肌寒い秋の入り口。
幸いにも私の車には、寝袋とブランケットが常備されている!
いつでもどこへでも行けるのだ。

翌朝、どこへ行こう?といいながら、出発。
淡路島一周♪ってのはどぉ?出来るだけ海岸線を走って。
友人は、沼島って島があってそこへ行きたいと。
んじゃ、船着場がわかったらそこへ行こうか。

沼島の船着場は、灘黒岩水仙卿をちょいと西へ行ったところにあった。
一時間毎ぐらいに船は出ているようだ。

沼島全景

ざ~んねん!カメラは持ってないや。
携帯バッテリーが少ないし…。

船に乗ること10分。あっちゅう間に沼島に到着。
お昼を回っている。
まずは腹ごしらえ。
旅館が食べ物屋さんもしていて、ハモのてんぷら定食を食べた。
旅館もキレイ釣りのお客さんがいたようだ。
ハモのてんぷらもふっくらとしていてとてもおいしかった♪

沼島に渡った、というだけで歴史などはよくわかってないのだが、
沼島は「国生み神話」があり、イザナギとイザナミの神を祭ってある「おのころ神社」が
あったり、鞘型褶曲(さやがたしゅうきょく)という、一億年前の地層(地球のシワ)があるそうだ。
淡路島そのものもしずくでできたっていうから、なんだか、奥深い島だ。

島を巡るハイキングコースは4時間ほどなので、ちょっとムリ。
骨折の身だしってんで、上立神岩という岩だけを見に行くことにした。
険しい断崖の向こうに奇岩がいくつも。
そこは、紀伊水道側だけど、ちょっと波が荒々しかった。
奇岩があるところは、和歌山県の串本とかと似ているような気がした。

津波・防災標識・表示板(tsunami sign)というものらしいが、
以前、和歌山の海岸でも見たなぁ。

津波対策! 津波が来たら!
漁港だからか、防災意識がきっちりできているんだろうなぁ。

南淡町のマンホールのふた

マンホールのふたも大橋&渦潮。

途中に寄った洲本のスーパーにまた立ち寄り、
食材を買って友人宅で晩餐♪
友人曰く、「おぉ~!新鮮な魚が豊富にある!うどんも讃岐うどんがいっぱい!
うちの近所のスーパーとは違う!」とのこと。
「あら、そうなん?」と、日頃あまり料理をしない私。

携帯のバッテリー切れで写真はこれだけだが、「沼島八十八箇所」とかが
あるらしい。足が治ったらハイキングに行ってみようかな♪

沼島


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

きんき「道の駅」スタンプラリーのスタンプ帳 [放浪の旅♪]

あけましておめでとうございます♪
って、おっそー(>_<)
今年もぼちぼち書いていこうと思ってる!

さて、先月、すなわち、去年の12月から数えるぐらいしかバイクには乗っていない…。
だってぇ、雨降ったり、飲み会だったり、そんで忘年会だったり、えべっさん♪だったりと
あれやこれや行事?続きで。
今年は、8日に乗っていったっきり!
エンジンはすぐに掛かったが、なかなか調子よくならない!
毎日続けて乗ってるってすごいね!
これから、寒くなりそうなので、いつまでくじけずに乗ってられるか!

お正月休みは、どこへも行かず…。
ニュースで聞かされる渋滞情報を知るにつけこりゃ大変だ!ってなるもんね。
仕方なく年末からの大掃除の続きをしていた。
そんで見つけたのだ!
きんき「道の駅」スタンプラリーのスタンプ帳を。
どこへいったのかと思ってた…。
なにも書いていないサラっぴーの年賀状は出てこなかったが…。
近所のローソンに買いに走ったのだ。
整理整頓の出来ないオンナ…(>_<)

閑話休題。

スタンプ帳は事務用品の伝票などを綴じるような2穴のリングファイルを加工して綴じていたが、
あまりに殺風景なのでかわゆい♪布地でも貼ろうかな?と思ってたん。
そしたら、スヌーピー柄の裏粘着の簡単に貼れる布?も出てきた!
お、こんなものもあったんだ!
子供が小学生の頃のんだ…。
ふっる~!
粘着力はあるかいな…?と心配したが、なんとか。

だいたいで切る!&だいたいで貼る!
 
お~、なかなか立派じゃ♪
ポケットって便利で大好きなんで、ポケットも作ろうかと思ったが、
粘着の布じゃぁ裏を付けたりとごっついことになりそうなんで止めた。
ちょっと布地が斜めになっていて、変なところで几帳面な私は許せないのだが、
長年放置していたのでずれたらしい。
実のところ、大雑把な私は、ま、いっか♪

じゃぁ、さっそく明日にでも活用してこようかな♪


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

健気に咲く冬のひまわり<南光町> [放浪の旅♪]

冬のグローブをするようになると、バイクで長時間走るには、と~っても勇気がいる。
なので、車で出動と相成った…。
今日はあったかかったのにね。
ちびっと後悔したりして…。

冬のひまわりがあるという記事を読んで南光町まで。
ほ~んと!
寒いのに健気に咲いている。
しかも楽しそうに♪
 
                         楽しそうに咲いている♪

 
     5本100円で売ってるのかな?                ゆるりと紅葉してる千種川
     でも、箱は放置されてる…。                 川の向こうはオートキャンプ場
                                               
 
       お土産&福引の景品♪                    山陽道白鳥PAの紅葉

珍しくお土産ゲット♪
「冬のひまわり祭り」をしていたらしく、「南光ひまわり館」でイベントをしていた。
紅白のお餅もついていたみたい。
そのイベントの福引でドレッシングもゲット♪
真ん中のドレッシングが景品。
やったぁ~♪

私が南光町に行ったのは、午後3時半ぐらい。
帰りの高速を走ってるときに、
でっかい赤い夕日をバックに、でっかいお月さんを見た!
う~ん!感動♪
こんなシーンを写真に撮れればいいんだけどね。

ひまわり館(兵庫県南光町)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

砥峰高原までお散歩♪ [放浪の旅♪]

先週は、飲み会続きだったため、バイクはまるまる一週間会社に置いたまま…!
そんな中、一日は用事があるため休んだのだが、午前中で用事も終わり、
さて!どこ行くかな~♪と、
今度ツーリングしよ♪って言っている、砥峰高原までお散歩してきた。
砥峰高原は、知る人ぞ知るススキのきれいな高原だ。
って、私は知らんかったけど…。
どんな道なのか?どんな高原なのか?
あ、しまった!
道の駅のスタンプ帳を持ってくるの忘れた!
でも、行くのだ♪

ナビに従って播但連絡道路を神崎南で降り、JR播但線に沿う県道404号線を北上。
県道39号線にぶつかったところで、その道に入る。
途中、長谷ダムがおっきな姿を現し、おぉ~!と思ったけど、車を停めるところが見あたらなかったので、スルー。
川上小学校あたりから少し山道になって…、
さらに行くと道のセンターラインがなくなる…。

 
 
お~♪キレイだー!
でも、まだススキが満開でもなさそう。
この日は、10/23。
春に山焼きをしてススキの生育を管理しているそうだ。

来た道を帰るのも芸がないな♪と思い、県道39号線をさらに福知渓谷の方へ。
これがまた!
国道429号線を大名草から青垣峠を越えるところみたいな、
ちょ~狭い道!
フォレスターで精一杯!って感じ。
途中、3台の車とすれ違ったが、離合できる場所だったのでバックするでもなくすれ違えた。
ほっ!
舗装道だけど、山の湧き水が流れてたり、がけ崩れをまだ補修していなかったり、
道自体もでこぼこ。
そんなところを、RX-8か?そんな感じのスポーツカーが!
私の車はインチアップしているとは言え、オフローダー。
車高も高いから、そんな道を走るのだが、スポーツカーでは…。
勇気ある!ってか、知らない道だとしたら無謀かも知れない…。
道をよけて下さったのだが、あんまりラフロードには入りたくない…ってよけ方だった。
私の方がよけようかなと思ったぐらい。
しかし、そんな狭い道なのに、早く抜け出そうと、ついついスピードを出してしまうね…。
福知渓谷(あの場所は奥福知かも?)はでっかい岩がゴロゴロしていてちょっと見たかったが、
車が来てはどうにもならんので、ちら見だけ。
ま、なんとか、無事に国道29号線に出てきて帰路についた。

 千町段ヶ峰林道の入り口
とのみね自然交流館から降りてきたら、千町段ヶ峰林道の入り口があった!
こんな狭い道を通って入り口にたどり着くのかー!
ま、狭い道もバイクなら心配ないけど、あの辺りの道は車とバイクでも離合できないかも!
狭い道だとあまり車も走らないから、自然を残すにはいいね♪
でも、林道も最近は舗装化が進んでいる。
山の保全のためには舗装した方がいいのかも知れない。
が、周りの自然は残るのだろうか…?
狭い道にビビッている私のような人が多いことを望む。

<兵庫県神崎郡神河町>
砥峰高原(ススキの高原)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鉄道の日記念切符/乗り放題~♪ [放浪の旅♪]

会社の鉄ちゃんから教えてもらった「鉄道の日記念/JR全線乗り放題切符」。
先日、栃木県に行った帰り、東武鉄道に乗ってから思い出した!
残念!しかし、東京からでもえぇやん♪
湘南の海が見た~ぃ!
だが…、前日の飲み会が堪えたのか、電車の中ではぐーすかぐーすか…
当たり前だが、湘南の海は見られず…。
13:30過ぎに東京出発で、23:00頃到着~♪
3枚セット中、その日1枚消化。
残り2枚だ。
そんで、フルートのレッスンもブッチして、密かに旅の計画を実行しようと企てた。
フルートも2ヶ月ほど行っていない…。

普通電車の旅なので時間はあまりないから、一日、ひとつのところを周ってみよう。
ってことで、残り2枚を、
初日は、潮岬を目指し串本経由で新宮宿泊→二日目は、新宮を周って帰路に着く、という計画だ。
宵っ張りの朝寝坊には始発出発などは到底あり得ない…。
でも、いつもよりえらい早く7:45に家を出た。
大阪に着く直前(立花駅付近だったかな)、高槻で人身事故。
その日は、最後までダイヤに影響があった。途切れ途切れでも続いている鉄道。
どこまでも影響があるんだねー。
   この電車に乗車♪
    特急くろしお?   中もテーブルの裏がパンダの絵
さっそく写真を撮ろうと思ったら…、
なんと!カメラにメディアが入っていない!!
そんなこともあろうかと♪賢い?masacchiが取った予防手段とは!
携帯のカメラがえぇヤツに換えたのであった♪
510万画素のカメラだ!徳とご覧あれ~!

天王寺から和歌山と和歌山から御坊までは、女性の運転士さん♪
女性が活躍しているのを見るのはうれしいことだ!

串本に着いたのが、14:48。
 串本駅

駅にある観光案内所で聞く。
潮岬までの巡り方を親切に教えてくれた。
15:32発の最終のバスらしい…。
狭い道を小さめのバスが行く。
最後はお客さんは私一人だけ。
16:50が最終だから遅れないようにね!とバスの運転手さん。
必死で周ってなんとか間に合った。

本州最南端訪問証明書ももらった♪

       表              裏
証明書は観光センターへ入るともらえる(入場料の領収書代わり?)。
観光センターは、16:30まで。
観光案内所で先に灯台へ行った方がいいと教えてもらって間に合ったのだ。
 

潮岬灯台着が15:50ぐらい。
16:00まで開放されているので、急いで行った。
ひざや頭を打ちそうになるほどの急勾配の階段を上がり、灯台の上まで!
 
 
生憎曇り空だったので、気持ちよい景色とはいかなかったが、
広い太平洋を見てココロ洗われる気がした。
地平線がほんのり弧を描いている!
ほんとに地球は丸いのだ!
 
樫野埼灯台へも行ってみたいなぁ。
明日は、新宮から引き返してまた来ようかな?
後で時刻表を調べよう♪今回はちゃんと時刻表を持ってきたのだ!
携帯のナビでも調べられるが…。
でも、翌日、へ~!と思うものを発見したから…!

最終のバスに乗るのも私一人…。
気さくな運転手さんで、いろいろとお話をした。
神戸から来ました♪などと話していたら、串本駅にバイクが止まっていた。
あのバイク神戸から来てるね。
あぁ、セローで来てる!(お尻痛くなっただろうに)すごいね。
ってことから、運転手さんもCB750に乗ってるって話になった。
3回も事故したんだって!よくぞご無事で!
昔、和歌山の林道に来て山々の神々しさに感動したって言おうとしたら、
目的地、「橋杭岩」に到着。

        つなぎ合わせた写真なのでちょっとずれが…


夕暮れの奇岩は恐ろしささえ感じる。
まだ、国道42号線沿いで車が多いのが救いだ。
そこから浜辺や国道を歩いて串本駅まで戻った。
途中、電気屋さんがあったので、コンパクトフラッシュがあれば買おかいな♪っと覗いてみた。
だが、容量は少なくていいのに、1GBのしかなく迷ったが買ってしまった。
もう、行程の半分終わってるじゃないか…。
せっかくの割引切符♪貧乏旅行に徹するのだー!
なので、余分にお金は使わない!と決めたのに…。
明日は、雨らしいというので、傘も買ったし…。
雨用具は必携なんと違いまっか?
それより、行くところの天気も調べとかないとね。
2本だと1,500円、1本だと1,000円。
うー!悩ましぃ~!
ココロを鬼にして1本にした!

串本から新宮まで行って、ホテルに到着。
見ると玄関に、先ほどの神戸ナンバーのセローくんが!
同じホテルだったんだ!私はいっち安い4,900円の部屋だが…。
翌朝、私は8:20頃チェックアウトしたが、既にセローくんはいなかった。
どこを巡って帰ったんだろ。
雨が冷たかったね。

案の定、朝から雨
とぼとぼ駅の方へ歩いていると!
ん?意外なもを発見。
「徐福公園」だ。

中国の徐福さんという人が、不老長寿の薬草を求めて和歌山の地に上陸したとか。
その薬になる木は、「天台烏薬(てんだいうやく)」という背の低い木だ。
 天台烏薬
熊野の地に自生しているらしい。
新宮は神社仏閣の地だと思ってたのに、中国のものがあるのが目を引いた。
ボランティアでガイドをしている方にいろいろお話を伺った。
新宮も大きな製紙工場が2つも移転してしまい、人口がめっきり減って街に活気がなくなった、とのこと。
世界遺産になったから。
その影響は他にも出ている。
バスの運転手さんも言っていたが、ディーゼルの規制が和歌山でもすぐにあるらしい。
運送業やそれに関わる人々の暮らしも大きく脅かされている。
他の業種でもなんらかのことはあるだろう。
主に世界遺産を守るためなのだろうけど、あちらを立てればこちらが…って具合。
遺産を持っているが故の苦労。
「熊野速玉神社」にも行ったが、新宮駅からちょっと北へ歩いたところ。

そこも世界遺産だ。
国道42号線のすぐ北。排気ガス。それだけでも悪影響だと思う。
でも、変えることは出来ない。
世界遺産は守っていけるのだろうか。
そして、和歌山の人々の暮らしは守っていけるのだろうか…。

お次は「新宮(丹鶴)城跡」
誰一人いない…。
武士の霊魂が彷徨っている…なんて考えたら、とても恐ろしいので考えないように
しようと思いながら、一旦、そんな考えが思う浮かぶと、もう、だめ!ツルツル滑る
石の階段に気を付けながら退散した。
 お城跡の本丸からは熊野川と山々がきれいだった

「浮島の森」を最後に見学した。
そこも誰一人いない…。
案内所のおじさんが、ここの沼は水深32メートル!底なし沼♪なんて脅すから…。
怖かったー。
 この森の中をひとりで歩いた!
泥の層の上にジャングルがこんもり。
植物も寒帯熱帯どちらのものも混在しているそうだ。
街中にあるのにそれが残っているっていうだけでもすばらしい。

新宮から多気までは、5時間も掛かるとはずいぶん遠いんだなぁ!と
思ってると、紀伊長島駅で1時間40分の待ち(>_<)
仕方ないのでその辺をブラブラ。
 
     紀伊長島駅         きれいな教会が駅の近くにあった。
どこの駅で撮ったか忘れたけど…、
  
       働く列車             スーパーくろしお        この電車に乗車

ってことで、「徐福公園」を発見したばっかりに、樫野埼灯台を見逃したが、
また今度ってことで…、新宮を12:31の電車で出発。
帰ってきたのは、我が街の最終のバス。
加茂あたりから、奈良や大阪行きの快速があったりして、案外、便利なんだなぁと思った。
奈良は小学生の時の遠足で1回と、山ン中をツーリングで1回だけしか立ち寄っていない。
食わず嫌いと一緒で経験してないから知らなかっただけだったのだ。
そういやぁ、会社に奈良から大阪に通ってる人もおったなぁ。
それなりに時間は掛かると言っていたが。
串本から新宮に向かっているときに「太地駅」のホームが幻想的!夜だったせいだろうか。
ホームの壁を鯨が泳いでる!
壁一面にでっかい鯨がのびのびと泳いでいる姿が描かれているのだ。
まるで、海で鯨と一緒に泳いでいるような感じだ。

和歌山は山と海が接していて険しい環境なのに、魅力一杯の土地だ。
昔、和歌山の林道を走ったとき、帰りは私一人で舗装林道を走って帰った。
道の駅「奥熊野古道ほんぐう」あたりから始まっていると思われる「龍神本宮林道」だ。
奈良と和歌山の県境あたりを走ったときに、山々の神々しさに、
ホントに和歌山の山には神様がいるんだ!と思ったほどだ。
そのときも私一人しか走ってなかったが、ちっとも怖くなかった。
怖いのは舗装林道でもガードレールのないところ…。
道の駅「奥熊野古道ほんぐう」で、古代米のような遅めの昼ご飯を食べて、
道の駅「紀州備長炭記念公園」ってとこで、休憩したがもう夕暮れ近く肌寒かったのを覚えている。
田辺から道路が混んでたけど、今回の旅でよくわかった。
鉄道は単線で、国道は一本しかないからだと…。
だが、何度でもバイクで来たいな♪と思わせる、引き付けるところだ。
私が経験したことのないものがあるからだろうな。
今回は、人ともしゃべったし、バイクで行っていたら、誰ともしゃべらずに帰ってきただろう…。
鉄道の旅もいいものだね♪

潮岬灯台(和歌山県)

橋杭岩(和歌山県)



徐福公園(和歌山県)

新宮城跡(丹鶴城)和歌山県


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ガタゴト♪新米鉄ちゃんがさらに行く~♪ [放浪の旅♪]

<ルート>
姫路駅~【播但線】:寺前駅和田山駅―【山陰本線】:城崎温泉駅香住駅餘部駅米子駅(宿泊)
米子駅~【境線】:境港駅米子駅―【伯備線】:伯耆大山―備中高梁駅―倉敷駅―岡山駅―【山陽本線】
*この色は乗換駅  この色は途中下車駅

電車を待ってると、年配の集団が!
話を聞いていると、
「このメンバーはほとんど年金暮らしやのに、青春18きっぷやて~♪」
と笑い合っている。
いやいや、ホント!年金暮らしだからこそ、大いに安く楽しんでもらいたい。
今まで、家族のために我慢をし、節約してきたんだものね。
その年配の方達も餘部鉄橋が目的だったようだ。

さて、宿泊地米子を目指してゴー!
鳥取駅で快速のとっとりライナーに乗り換え、米子駅に到着。
コンビニでビールとナッツとお弁当を買って、ビジネスホテルへ。
翌日の行程を考え出来るだけ次の目的に近いところへ、ってんで、ユースホステルはパスした。
諸寄荘はどうかな?と考えていたのだが。

翌日、次の目的地、備中松山城を目指そうかと思ったが、
普通電車はあまりないなぁ…。特急に乗らないとダメかなぁ?
そんなら、時間があるな!と、境港の鬼太郎に会いに行くことにした♪

境港駅は港町

おっきなキレイな船のターミナル。船まで雨に濡れずに行ける!

交番まで!鬼太郎がお出迎え♪

水木しげるさんと鬼太郎にご対面~♪あ、ねずみ男にも♪


境線の各駅に鬼太郎の仲間の駅名が付いてる♪

鬼太郎電車だ!



お、車内の天井も鬼太郎だ!
向かいに座ったご婦人に話しかけられた。
地元の人だけど、いつも車なので、ボタンを押して電車の扉を開けるなんて知らなんだ!って。
そんなものなんだろうなぁ。

米子駅に戻り、時間待ちに米子城址まで行ってみるか!
行けども行けども到着せず…。

川沿いの整備された道を通って…ここはどこ?
時間切れのため途中で引き返し、米子駅から伯備線に乗って備中高梁駅まで。
到着も1時間違いぐらいだからと、特急はパス!
途中で、大山が見えた!写真だと遠くに写っているが、近くに見えて感動~♪
バイクで行ったときも、トンネルを抜けると大山が間近に見えて感動したのを思い出した。

備中高梁駅の観光案内所で聞いてみると、備中松山城まではバスもなく、えらく遠いらしい。
乗り合いタクシーで行くことに。
でも、お城の麓まで。
そこから、20分ほど徒歩。
それがちょっとしたハイキング!

ここはまだ途中。こんなに高いところまで!
暑いし、はぁはぁ息切れ。
こりゃぁ、確かに難攻不落のお城だ!






武家屋敷の落ち着いた佇まい。

米子から電車に乗っていると、井倉駅という駅があった。
井倉洞の井倉駅かな?でも、井倉洞まではずいぶんと遠いんだろうなぁ。
と車窓を眺めていると、駅のまん前だった!
もっと、下調べをして行かないとあかんなぁと反省。
実は、地図も時刻表も持って行ってなかった…。
だってぇ、重たいんだものぉ。
なにをさておいても、おやつを持たんでも、地図と時刻表は必須だな!
鉄ちゃん失格(>_<)
鉄ちゃん失格は、まだある。
きっぷをくれた(出張があるからもう使えないと下さったのだ♪)人曰く、
鉄ちゃんは、どんな列車にいつ乗ったっていうのを記録しておかなくっちゃぁいけない、そうだ。
恥ずかしがらずに乗った電車(電車ではないらしい…列車なんだそうだ)を撮影しなければならない、と。
う~ん、なるほど~。
でも、私は列車に乗ることより、知らない街をさまよう方が楽しいからこれでいいのだ!
10月14日は「鉄道の日」とういうことで「乗り放題きっぷ」が発売されるそうだ。
また、どっか行ってこようかな♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新米鉄ちゃんが行く~♪ガタゴト♪ [放浪の旅♪]

初めての青春18きっぷの旅♪
目指すは、餘部鉄橋
まずは、新快速電車で姫路へ。
新快速電車にもめったに乗らない(乗れない駅)ので、ちびっと珍しかったりする。

<ルート>
姫路駅~【播但線】:寺前駅和田山駅―【山陰本線】:城崎温泉駅香住駅餘部駅米子駅(宿泊)
米子駅~【境線】:境港駅米子駅―【伯備線】:伯耆大山―備中高梁駅―倉敷駅―岡山駅―【山陽本線】
*この色は乗換駅  この色は途中下車駅

姫路から播但線は空いてるだろう♪と思っていたら!
山登りらしいちょっとお年を召した方達の集団が!
若くてもトシを食ってても集団になるとやかましい…(>_<)

          たぶん、和田山駅…

        駅前に汽車ぽっぽの遊具が♪

いよいよ山陰本線に乗って、餘部を目指す!
うきうき♪わくわく♪
お、待てよ。まだまだ時間がありそうだ!
城崎はどんなところか見てこよう♪
さすがにこの暑さでも観光客が多い。
なるほど、足湯も駅前にあって、温泉だらけだ。
城崎駅で買った駅弁を、どこか静かな公園で食べようと、探すがまったくない。
しかたなく、駅のホームのベンチでぱくり!





と~ってもおいしかった♪味も薄くもなく濃くもなく。

では、お次は香住の海でも見てこよう。
お盆も過ぎてるので、泳いでる人は皆無…。
香住とはこんなのんびりしたところだったのかー。


さてさて、ついに餘部鉄橋だ!
トンネルを抜けると…、

そこは鉄橋だった!


           お~!高い高ーい!
明治の終わり頃建てられたものだが、昔の人も技術も大したものだっ!
    高さが、41M45。
    総工事費、331,535円。明治の頃は、1円が今の貨幣で1万円ぐらい?33億?
                    すご~ぃ!高さも高いけど、価格も高かった!
                    それだけ、経済的発展など社会も必要に迫られてたんだろう。
    総人工、25万人。延べ25万人の人が携わったってことかな?
少し湾になっているとは言え、日本海に面した冬は荒々しいところ。
風もきついだろうに…。
20年ぐらい前のあの事故は忘れられない。昨日のことのように、思い出される。

           のどかな感じ



          もう工事が始まっていた



このディーゼル列車に乗って、さらに進む。

つづく♪


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

きんき「道の駅」スタンプラリー [放浪の旅♪]

きんき「道の駅」のスタンプラリーが始まってるらしい。
以前、兵庫県の道の駅のスタンプラリーには参加したことはあるが、
こ~んなにたくさんの道の駅は初めて!
今日は、最初なので、近場の「淡河」(おうご)へ行って、スタンプ帳をゲットしなくちゃ!
なんと!品切れ!
んじゃー、ちょっと大きな駅で最も近いところはどこかな?
「とうじょう」へ行ってみよー。

  

お~!
一枚一枚別々になってて2穴のバインダーにはさめるようになってるー!
さっそくスタンプをポン♪
ついでに「みき」にも寄って、ポン♪

 

きんき「道の駅」97駅あるそうだが、今までに、30駅ぐらいに寄ってる。
ただし、そのうちの半分ほどは、
寝泊りするために夜になってからの到着&早朝出発だとかってのが多いから、
どんなものを置いてるかなどの駅の雰囲気はわからない…。
近畿地方の特産や名所などを、改めてじっくり拝見してみようかな?
遠いところへ行くのも楽しいけど、近場でも発見はあるものだ。
県内でもずいぶん違うのに、別の県だと言葉ですら違う。
地元を離れていくに従って、徐々に違っていくっていうのも面白い。

さて、近畿の道の駅ラリーの期限は、平成22年3月31日(水)となっているが、
締め切りまでにどれだけの「道の駅」を訪問し、その地方の特産品にお目にかかれるか!?
全駅制覇!
っていうよりも、営業時間中に立ち寄って、その地方がどんな町なのかを知りたい。
また、各地でもしてるようなので、もし、この夏、遠出するなら是非スタンプ帳だけでもゲット!
したいなぁ。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 放浪の旅♪ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。